PR 光回線

光回線に5ギガは必要か?1ギガとの違いや対応ルーターを調査!

2023年10月2日

光回線に5ギガは必要か?1ギガとの違いや対応ルーターを調査!【アイキャッチ画像】


「光回線に5ギガって必要?」

「1ギガとのちがいや対応ルーターは?」

「5ギガがおすすめの光回線は?」

こう考える人はこの記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、光回線に5ギガは必要か?1ギガとのちがいや対応ルーターをご紹介します。

 

この記事の内容

  • 光回線に5ギガは必要か?
  • 光回線の5ギガと1ギガのちがいは何か?
  • 光回線の5ギガに対応ルーター
  • 5ギガにおすすめの光回線は?

 

もり

解説の前に、光回線には「お得なキャッシュバック」窓口があります!

最新版のキャンペーン情報は以下にまとめました。

▼▼ここをタップして下さい!▼▼
光回線の限定特典へ

<光回線:限定ページ>

 

それでは解説していきます。

 

【まず結論】光回線に5ギガは必要か?

 

それでは内容の前まとめからです。

 

結論から言うと、通信速度にこだわる人だけ光回線の5ギガを選んでください。

理由は、光回線は1ギガの通信速度があれば、動画やゲームをストレス無く使えるからです。

 

例えば、YouTubeの高画質動画は5Mbpsの速度が必要です。

一方で、光回線の1ギガの実測は約300Mbpsなので必要十分です。(5ギガだと約1000Mbps)

 

他にも、オンラインゲームなら必要な速度は50Mbpsくらいで、Pingは20msくらいです。

それに対して、光回線はPingでも約20msなので必要十分な通信速度です。

 

つまり、光回線は1ギガもあれば十分に普段使い出来ます。

光回線は1ギガから5ギガに変えることで、500円くらい月額料金が上がります。

 

一方で、家族全員で光回線を使いたい人や、小規模の店舗、オンラインゲームを極めたい人は5ギガを選んでください。

1ギガよりもよりストレス無くインターネットを使えます。

 

なお、光回線の5ギガはauひかり、eo光、JCOMと、一部のケーブルテレビが提供します。

以上が、光回線の5ギガが必要かどうか?の結論です。

 

最後に、光回線には5ギガと1ギガにかかわらず、限定キャンペーンが用意されています。

光回線ごとの特設ページは以下にまとめました野で参考にしてくださいね。

 

もり

とてもメリットのあるWeb窓口です。

光回線の限定キャッシュバック・キャンペーンはとてもお得ですよ。

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果を見ていきます。

 

光回線の5ギガと1ギガとのちがいとは?

 

光回線の5ギガと1ギガの主なちがいは、選べる光回線と通信速度、月額料金の3つです。

5ギガは1ギガと比べて選択肢が少なく、料金が上がりますが、通信速度が大幅に上がるメリットがあります。

 

一方で、スマホセット割や新規工事費、オプション代は同じです。

改めて、5ギガと1ギガを一覧で比較しました。

【光回線5ギガと1ギガのちがい】


光回線5ギガ

光回線1ギガ
通信 最大通信速度 5Gbps 1Gbps
実測 約1,000Mpbs 約300Mbps
IPv4 over IPv6 対応済
回線事業者
独自回線
ケーブル回線のみ
ほとんどの光回線が
取扱いあり
月額料金
値段帯
マンション 1ギガよりも
500円くらい高い
4,000円
~5,000円
戸建て 5,500円
~6,500円
工事費
20.000円~50,000円
(同額)
初回の事務手数料 3,300円
(同額)
割引・特典など ・スマホセット割
・新規工事費無料
・キャッシュバック
・月額料金の割引など

※全て税込み表記

 

5ギガの実測は1ギガの3倍速い

5ギガの実測は、約1,000Mbps(1Gbps)です。

一方で、1ギガの実測は約300Mbpsです。

 

つまり、光回線の5ギガの実際の速度は、1ギガの3倍くらいあります。

実際の利用者9人の平均を調べて計算しました。

【光回線の5ギガの実測】

5ギガの平均 1ギガの平均
上り 1,183Mbps 301Mbps
下り 1,092Mbps 291Mbps
5ギガの詳しい実測はここをタップ
上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
実際の
口コミ
1人目 3,150 3,370 Tweet1
2人目 876 905 Tweet2
3人目 849 924 Tweet3
4人目 986 783 Tweet4
5人目 651 768 Tweet5
6人目 610 842 Tweet6
7人目 1,840 787 Tweet7
8人目 766 941 Tweet8
9人目 920 510 Tweet9
平均 1,183 1,092
1ギガの詳しい実測はここをタップ
時間帯 下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
327 278 17
323 312 17
夕方 319 310 16
271 282 16
深夜 349 322 15

※引用元:みんなのネット回線速度(例:ソフトバンク光)

 

5ギガの光回線の事業者は1ギガより少ない

5ギガを取り扱う光回線の事業者は1ギガよりも少ないです。

具体的には、auひかりやeo光、コミュファ光などの、独自回線の事業者や、JCOMなどケーブル回線が取り扱います。

 

一方で、ドコモ光やソフトバンク光、フレッツ光などの光回線は、5ギガは取り扱いません。

例えば、光回線の1ギガを利用中の人は、5ギガに変更することで、事業者の変更が必要になるかも知れません。

 

もし、光回線の事業者のこだわりがある人は、10ギガを選んでください。

10ギガであれば、ドコモ光やソフトバンク光など、ほとんどの光回線が取り扱います。

 

詳しくは、別の記事でもまとめました。

 

 

5ギガの月額料金は1ギガより500円高い

5ギガの月額料金は1ギガよりも、500円くらい高くなります。

例えば、auひかりホームの場合、1ギガの料金に「高速サービス利用料(5ギガ)」として550円プラスされます。

 

また、JCOMでも1ギガは5,258円ですが、5ギガは5,808円で550円の差になります。

5ギガでは通信速度が上がる反面、料金も上がります。

 

以上が光回線の5ギガと1ギガのちがいを調べた結果です。

 

もり

光回線の5ギガと1ギガは、主に料金、通信速度が違います。

一方で、以下のキャンペーンはどちらもおトクです。

 

 

 

光回線の5ギガへ1ギガから変更した人の口コミは?

 

光回線の5ギガは実際に速いんでしょうか?

光回線の5ギガへ1ギガから変更した人の口コミを調べた結果、通信速度の速さを実感した人が多かったです。

 

実際の口コミもご紹介します。

 

1ギガからの変更でメッチャ速くなった

1ギガから5ギガへ変更することで、メッチャ速くなったと実感したようです。

とてもネット環境が快適になったとのことでした。

 

我が家のWiFi環境で実測が1.1Gbpsになった

1ギガから5ギガへ変更した結果、実測が1.1Gbpsになったようです。

自宅のWiFi環境が大幅に改善したようですね。

 

5ギガへの変更でPS4がクッソ速くなった

5ギガへ変更したことで、PS4のゲーム速度が速くなったと実感した人もいました。

5ギガは特に、オンラインゲームの人にも最適ですね。

 

1ギガから5ギガで速さのちがいが分からない

速いと実感した人がいる反面、1ギガと5ギガの速さのちがいが分からなかった人もいました。

1ギガでも十分使えていた可能性や、LANケーブルやルーターが5ギガ対応出ない可能性もあります。

 

宅内設備の交換工事が必要になった

5ギガへ変更したことで、宅内設備の交換工事が必要になった人がいました。

ホームゲートウェイやONUは、5ギガ対応のものはそのまま使えますが、1ギガ対応のみであれば交換が必要になります。

 

以上が、1ギガから5ギガへ変更した人の口コミです。

 

もり

5ギガへの変更で、速度の速さを実感した人が多かったです。

一方で、速度のちがいを感じなかった人もいました。

 

 

 

光回線の5ギガを選ぶべき人は?

 

光回線の5ギガを選ぶべき人は、通信速度にこだわりたい人です。

例えば、家族全員で速いWi-Fiを使いたい人や、オンラインゲームを極めたい人などが最適です。

 

また、小規模の店舗やオフィスで利用したい人も、複数端末で快適に使えるので最適です。

一方で、1人で利用する人や動画やアプリがメインの人は、1ギガでも十分です。

 

改めて、光回線の5ギガを選ぶべき人をまとめました。

【光回線の5ギガを選ぶべき人】

  • 家族全員で高速Wi-Fiを使いたい
  • オンラインの対戦ゲームを極めたい
  • 小規模の店舗やオフィスでの利用
  • 1ギガから変更したいけど、10ギガは高いと感じる

 

以上が、光回線の5ギガを選ぶべき人です。

 

もり

光回線には5ギガ、1ギガにかかわらず、おトクな限定キャンペーンがあります。

これから光回線を申し込む人は、以下のリンクからキャッシュバックを受け取ってください。

 

 

 

光回線の5ギガの注意点は?

 

光回線の5ギガを選ぶ上での注意点は3つです。

 

5ギガ対応のLANケーブルを使う

LANケーブルには種類によって「カテゴリ(Cat)」と呼ばれるバージョンがあります。

「カテゴリ(Cat)」の古いものを選ぶと、5ギガの通信速度を生かせません。

 

なので、光回線の5ギガは、対応のLANケーブルとセットで利用してください。

具体的には、「カテゴリ6A以上」のLANケーブルが5ギガに対応します。

【光回線の5ギガに対応するLANケーブル】

ケーブル
カテゴリ
規格
伝送速度 光回線
5ギガ対応
カテゴリ5
(CAT5)
100BASE-TX 100Mbps ×
カテゴリ5e
(CAT5e)
1000BASE-T 1Gbps ×
カテゴリ6
(CAT6)
1000BASE-T 1Gbps ×
カテゴリ6A
(CAT6A)
10G-BASE-T 10Gbps
(最適)
カテゴリ7
(CAT7)
10G-BASE-T 10Gbps
(オーバースペック)
カテゴリ8
(CAT8)
40G-BASE-T 40Gbps
(オーバースペック)

 

通常は、ホームゲートウェイやONU、ルーターに付属のものを利用すれば問題ないです。

ただし、ご自身で用意する人は注意してくださいね。

 

5ギガの最大通信速度に合ったWi-Fiルーターを使う

5ギガの最大通信速度に合ったWi-Fiルーターを利用する必要があります。

特に、最大通信速度が遅いWi-Fiルーターだと、5ギガが生かせず、1ギガと同じくらいの速度しか出ないです。

 

5ギガの実測は1000Mbpsくらいなので、最低でも倍の2000Mbps以上のルーターを使って下さい。

最近では、2000Mbps以上の高性能ルーターでも、安くなっています。

 

スマホやパソコンが古いと5ギガを生かせない

5ギガを導入しても、スマホやパソコンが古いと5ギガの最大通信速度を生かせません。

例えばiPhoneなら、iPhoneXS以前のものは、Wi-Fi 6(802.11 ax)の最新規格に対応していないため遅いです。

なので、利用する機器も出来るだけ新しいものを使ってください。

 

以上が、光回線の5ギガを利用する上での注意点です。

 

もり

LANケーブルやルーター、利用機器は、光回線の5ギガに合わせて新しいものがおすすめです。

 

 

 

5ギガの光回線に対応するルーターはどれ?

 

5ギガの光回線に対応するルーターも調べました。

基本的には、最大通信速度が5000Mbps前後で、Wi-Fi 6の最新規格に対応したルーターがおすすめです。

 

ただし、5ギガの実際の速度は1000Mbpsくらいなので、最低でも2000Mbps以上の通信速度は欲しいです。

2000Mbps以下のものは、5ギガの速度を生かせないのでおすすめしないです。

 

バッファロー:WSR-5400AX6P(最大4803Mbps+573Mbps)

WSR-5400AX6P

製品名
(型番)
BUFFALO WiFiルーター
(WSR-5400AX6P)
最大通信速度
(Wi-Fi)
4803Mbps(5GHz)
573Mbps(2GHz)
Wi-Fi規格 Wi-Fi 6
(IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b)
外形寸法重さ 59×177×175mm
(650g)
メーカー BUFFALO

 

バッファローのWSR-5400AX6Pは、最大通信速度が4803Mbpsで通信できるWi-Fiルーターです。

光回線の5ギガを使うなら必要十分な通信速度になります。

 

また、バッファローはルーターの性能に定評があり、口コミでも★4以上の高評価になります。

価格も1.5万円前後と買い求めやすいのが特徴です。

 

 

NECプラットフォームズ:WX5400HP(最大4804Mbps+574Mbps)

NEC(WX5400HP)

製品名
(型番)
NEC Atermシリーズ
(WX5400HP)
最大通信速度
(Wi-Fi)
4804Mbps(5GHz)
574Mbps(2GHz)
Wi-Fi規格 Wi-Fi 6
(IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b)
外形寸法重さ 46.5(W)×180(D)×180(H)mm
(0.6kg)
メーカー NECプラットフォームズ

 

バッファロー以外でルーターを探すなら、NECプラットフォームズのWX5400HPがおすすめです。

WSR-5400AX6Pとルーターの性能は同程度で、最大通信速度が4804Mbpsと高速です。

 

また、価格帯も1.5万円くらいでバッファローと同額です。

人気はバッファローの方が高いですが、口コミ評判は同じくらなので損しません。

 

created by Rinker
NEC
¥14,062 (2024/07/22 14:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

バッファロー:WSR-3200AX4S(最大2401Mbps+800Mbps)

バッファロールーター(WSR-3200AX4S)

製品名
(型番)
BUFFALO WiFiルーター
(WSR-3200AX4S)
最大通信速度
(Wi-Fi)
2401Mbps(5GHz)
800Mbps(2GHz)
Wi-Fi規格 Wi-Fi 6
(IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b)
外形寸法重さ  37.5×160×160mm
(390g)
メーカー BUFFALO

 

バッファローのWSR-3200AX4Sは、なるべく安く5ギガのルーターを用意したい人におすすめです。

最大通信速度は2401Mbpsのため、他のルーターよりも遅いですが、5ギガの実測よりも速いです。

 

なので、初期費用を掛けたくない人は、WSR-3200AX4Sを選んでください。

ただし、おすすめ1位のWSR-5400AX6Pとは値段の差はそれほど無いので、出来れば性能の高いルーターがおすすめです。

 

 

以上が、光回線の5ギガにおすすめのルーターです。

 

もり

光回線の5ギガをこれから申し込む人は、ルーター代も節約できます。

以下の限定キャッシュバックを利用してくださいね。

 

 

 

5ギガの光回線がおすすめの事業者は?

 

最後に、5ギガの光回線がおすすめの事業者を一覧でまとめました。

提供エリアが日本全国ではない光回線もあるので注意してくださいね。

【5ギガの光回線がおすすめの事業者一覧】

光回線 提供エリア 月額基本料金
auひかり|ホーム5ギガ 関西、東海以外の日本全国 5,940円/月
eo光ネット|5ギガコース 関西エリア 5,960円/月
JCOM|光5Gコース 日本全国 5,808円/月
コミュファ光|5Gホーム/5Gマンション 2022年6月30日(木)に新規受付を終了済

※全て税込表

 

もり

光回線の5ギガをこれから申し込む人は、限定キャンペーンがあります。

以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

【まとめ】光回線5ギガは必要か?

 

最後にまとめです。

この記事では、光回線の5ギガは必要か?1ギガとのちがいを含めて解説しました。

改めてポイントを整理します。

この記事のまとめ

  • 光回線の5ギガはこだわる人のみ選ぶ
    ・家族全員で高速通信したい人
    ・小規模の店舗など
    ・オンラインゲームを極めたい人
  • 光回線の5ギガと1ギガの違いは?
    ・通信速度は約3倍になる
    ・月額料金は500円上がる

 

以上です。

 

もり

なお、これから光回線を申し込む人は、特設ページから限定キャッシュバックを受け取ってくださいね。

光回線ごとのお得な申込み窓口は、以下の記事でまとめました。

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-光回線

光回線を「一番おトク」に契約する方法はこちら!
限定キャッシュバックをチェック
\光回線を「一番おトク」に契約する方法はこちら!/
限定キャッシュバックをチェック